蓋世之才 唯一無二の喜劇人 変なおじさん

個別指導塾

遊び感覚で勉強しよう

新中1の生徒は、3月から数学の予習に入ってます。

正の数・負の数の導入。

最低気温はマイナス3℃ →「そこから8℃上がったら?」

数直線で目盛りをひとつずつ追いながら、遊び感覚・ゲーム感覚でやってもいいんです。

理解できなかったら質問

解説を読んでも、途中の式が一部省略されていたり…

自分ひとりでは正解に辿り着けないこと、よくありますよね。

そんな時は必ず、先生に質問しましょう。

お手本となる解き方を教えてもらうのです!

学校の授業より先へ

今年はいつもの年より、少し長い春休み。

スマホがあれば、YouTubeや無料動画で、どんどん予習を進めることができます。

新しい教科書を貰った時に、「あぁ~コレ知ってる!」と言えるようになってるといいですね。

友達と競わない

個別指導の塾だと、生徒によって進度が違いますから「仲のいい友達は単元ひとつ分、先へ行ってる!」なんてこともあり得ます。

でも、焦っちゃいけません。

塾は、あなたの実力・理解度に合わせてカリキュラムを作っています。

自分のペースで、着実に学習を進めていきましょう。

運まかせにしない

試験に出るか?出ないか?

「よくわかんないけど、たぶん出ないだろう…」

と、ヤマを張るのは一番ダメ。

運に左右されないように、網羅的な学習を。

試験問題を分析

過去問を解きましょう!と言うと…

「まだ1年後だし…」

「習ってないところばっかりだし…」

と、消極的な声が聞こえてきそうですが。

今の段階でも、解ける問題はあります!

中1・中2の範囲から、7割近く出題されてるんですよ。

無理のない計画を立てよう

「8月末、夏休みが終わるまでに3年生の内容を全部終わらせる!」

と意気込んでる塾があちこちにありますが…。

それが出来るかどうかは生徒次第。

中途半端な理解のまま先へ進むことに、何の意味もありません。

速けりゃいいってもんじゃ、ないですよ。

ライティングを重視しよう

千葉県公立高校の入試問題…

国語では200字の作文、英語でも大問6で自由英作文が出題されます。

「読める」だけでは足りません。

「書く力」を養っておくことは、非常に重要です。

計算力を高めよう

数学の苦手な中学生…

出来ないところを辿っていくと、小学4年あたりでつまずいていることがほとんどです。

かけ算・わり算の筆算で、とてもミスが多いんです。

数学の実力を上げようと思ったら、「計算力の強化」これしかありません。

助動詞の用法の違いですね。

口語文法では打消の助動詞「ぬ」の終止形、連体形。

文語文法では推量の助動詞「む」の終止形、連体形。

PAGE TOP