間に合わない!

高校受験

間に合わないんです!

 

何が??

 

↓↓↓

 

 

「公民」です!

 

中3生は、もうとっくに気付いてると思います。

学校の授業に合わせて公民を勉強していくと、最後まで終わりません。

 

と言うか、最後の方はプリントを配って「はいコレ、みんな覚えといて!」みたいな、とっても雑な感じになります。

「とりあえず、終わらせたことにしちゃおう!」というのが、先生の本音かもしれません。

こんな状況が毎年、どこの中学校でも繰り広げられています。

 

授業計画、もう少し、何とかならないでしょうか?

だいたい、教科書の厚さは地理・歴史と同じくらいあるのに、授業で扱う期間が短すぎです。

ほとんどの中学校では、地理・歴史を3年生の夏頃までやってます。

不思議に思うのは、中学校の先生方、なぜか近現代史はじっくりやりたいようで…。

第一次世界大戦あたりから、急激にペースが落ちるんです。

そして、戦後の現代史もきっちりやろうとする。

「まだ歴史やってんの?」

というのが、夏前の決まり文句になってます。

 

ですから、公民のスタートは早い学校でも3年生の7月、遅い学校だと10月からだったり…。

2月・3月はほとんど授業がないので、実質4~5ヶ月で一冊を終わらせよう!ってことです。

どう考えても、無理ありすぎです。

 

公立高校の入試では、社会は地理・歴史・公民、各分野からほぼ均等に出題されます。

年度によって多少の増減はありますが、公民だけでも25点~30点の配点。

全体の1/4ほども配点があるのに、勉強する期間が4~5ヶ月って…

授業時間数と、入試での配点・重要性が、全く釣り合ってません。

 

ちなみに東京書籍の教科書では…

 

第1章 現代社会と私たちの生活

第2章 個人の尊重と日本国憲法

第3章 現代の民主政治と社会

第4章 私たちの暮らしと経済

第5章 地球社会と私たち

 

となってます。

ある中学校では、11月上旬、後期中間の試験範囲が、なんと第2章の終わりまで。

ちょっとハイペースな学校でも、第3章の途中あたりです。

1月までに、残り全部を進めればいいや!ってことなんでしょうか。

 

はっきり言います、急ぎすぎです。

納得がいかないのは、何も授業の時間数だけじゃありません。

内容もです。

教科書の第3章以降は、政治・経済・国際。

どれも「大人になってから必要な知識」ばかりです。

主だったところだけでも…

 

・ 選挙 / 政党政治

・ 国政の仕組み

・ 地方自治 / 地方財政

・ 消費生活

・ 市場経済

・ 社会保障 / 福祉

・ 地球環境 / 国際問題

 

ひとつひとつを丁寧に解説していたら、とても4~5ヶ月で終わる分量じゃありません。

しかも、社会が好きとか嫌いとか関係なく「関心ないんで…」とは言ってられない内容です。

 

「どうせ、高校1年の現代社会でも、同じようなことやるじゃん!」と言う人もいるかもしれません。

でも、これは入試に出題される、されないに関係なく、人として真剣に考えるべき内容ばかりです。

何も地理・歴史を削ってほしい!と言ってるわけではありません。

できれば、2年生までに地理・歴史を終えて、3年生は公民だけにするとか…

もう少し、バランスの取れたカリキュラムが望ましい、と思うのです。

中学1年生・2年生は、こうした現実を知らない人がほとんどでしょう。

何も知らずに3年生になってしまうと、後半、かなり焦ります。

独学は、なかなか気合いが必要ですが、地理・歴史は自分のペースで先に進めるべきです。

そして、3年生の冬休み頃には、公民も含めて全ての範囲が終わっている。

これが理想です。

PAGE TOP