Vもぎの判定 B・Cだったら

高校受験

(2020年1月の記事です)

 

 

明日 1月12日(日)

今年度 最後のVもぎが実施されます!

Vもぎ 県立そっくり

Vもぎだからと言って、何か特別な準備をする必要はありません。

塾のカリキュラムと並行して「Vもぎ過去問集」を解いている人がほとんどでしょう。

これまでの1月の傾向を、もう一度確認すればOKです。

 

返却は1月20日(月)頃になります。

そこでの判定が志望校選びに直結しますので、いつも以上に気合いを入れて受けてほしいと思います。

 

もし判定がD・Eだった場合、そして成績表の見方については…

Vもぎの判定 D・Eだったら」を参照してください。

 

1月は改めて、判定の捉え方と合格可能性について考えていきます。

 

S判定 / A判定

S判定 … 90%以上

余裕をもって合格。

A判定 … 80%以上

安全圏内です。

 

よほどのことがない限り、合格は確実です。

今まで私が受け持った生徒たちも、S判定A判定は全員合格しています

S判定であれば、ひとつ上のランクへ志望校を変更してもいいでしょう。

体調管理に気を付けて、今までのペースを崩さないように。

 

B判定

B判定 … 60%以上

合格圏内です。

全受験生の、ちょうど真ん中あたりに位置しているのがB判定。

入試が前期&後期に分かれていた頃は「前期は落ちて、後期で受かる!」というパターンが多かったように思います。

一発勝負に変わってからは…

本番での対応力ミスをしないことが合否を大きく左右するでしょう。

 

C判定

C判定 … 40%以上

合格射程圏内です。

「射程圏内」という表現がなんとも微妙な感じなんですが、頑張れば合格できないことはないかも…というぐらいで、実際には非常に厳しいと思われます。

 

私も20年以上、受験業界に携わっていますが、C判定で合格するのは4~5年に一人

多くの生徒は志望校のランクを下げて、より安全な高校を受験しています。

 

入試までの3週間

Vもぎの判定が出てから、入試までは1ヶ月。

最後の仕上げの期間をどう過ごすか?

ここからは総力戦です。

 

市販されている過去問は過去4年分。

これでは全然足りません。

どこの塾でも、過去10年分はストックしているはずです。

入手できる過去問はすべて解きましょう。

 

解答解説の最初のページに、設問ごとの正答率が記載されています。

自分が得点すべき問題を、しっかりと見極めることが大切です。

 

捨てる問題は、思い切って捨てる!

難問にハマってしまって、無駄に時間を使うことのないように。

入試本番を想定して、Vもぎに臨んでください。

 

PAGE TOP