進学研究会【Vもぎ】の判定がD・Eだったら… 未来を変える成績表の見方

高校受験

2019年12月は、1日・8日にVもぎが実施されます。

すでに夏からVもぎを受けていて、今回が3回目・4回目という人もいるでしょう。

成績表の判定に一喜一憂する気持ちはわかります。

でも、より重要なのは成績表の裏面と、2枚目です!

D判定・E判定とは…

まず、Vもぎの判定の意味を見ていきましょう。

成績表には…

  • S … 90%以上 余裕をもって合格
  • A … 80%以上 安全圏内です
  • B … 60%以上 合格圏内です
  • C … 40%以上 合格射程圏内です
  • D … 20%以上 努力が必要です
  • E … 19%以下 かなりの努力が必要です

とあります。

ですから、D判定やE判定では、合格はかなり厳しい!と思ったほうがいいでしょう。

これが6月や7月であれば、まだ挽回・上昇のチャンスはあります。

でも12月になってD判定やE判定だと、志望校の変更…という話も出てきそうです。

 

そうは言っても、前から決めてた第一志望。

「簡単に諦めたくない!」という気持ちもわかります。

残りの時間はわずかですがVもぎの結果を、ここからの学習計画に活かしたい!

成績表の見方を解説します。

成績表の裏面

裏面には受験生の正誤と、設問ごとの正答率が記載されています。

どの設問で間違えたのか、またその設問がどのくらいの難易度なのか、細かく分析する必要があります。

 

仮に間違えた設問が正答率5%以下の難問であった場合…

多くの受験生にとって、それは正解できなくてもほとんど影響がないことになります。

逆に、正答率50%以上の設問は、半数の受験生が正解していることになりますので、積極的に得点しなければなりません。

重要なことは、設問ごとに正しく優先順位をつけること

基本問題で、しっかりミスなく得点することです。

全ての設問で得点しよう!解答欄を全部埋めよう!などと考えるのは、非常に危険です。

難問には初めから手を出さない、解かない勇気を持ちましょう。

成績表の2枚目

2枚目の表裏には、受験生が記入した解答用紙がそのまま、正誤が付いて記載されています。

国語の作文は12点満点ですので、まず何点取れているかを確認。

コメント欄に不足している内容、修正すべき記述についてアドバイスがありますので、もしわからなければ塾の先生に添削をお願いしましょう。

また、数学では作図と証明の確認を。

模範解答と異なるかき方でも、正解になる場合があります。

部分点しかもらえなかった場合は、何が足りなかったのか?どのように補足すれば満点になったのか?を細かく振り返りましょう。

判定のとらえ方

公立高入試まで、あと2ヶ月半です。

厳しめな判定が出てしまうと、どうしてもモチベーションが下がり気味になりますが…

Vもぎの判定や成績表は、あくまでも現時点での評価に過ぎません

今、自分に足りないものは何か?

これから優先的に身に付けなければいけないことは何か?

どのような学習計画を立てるか?

それらの貴重な判断材料です。

D判定やE判定だからと言って、絶望してしまうには早すぎます!

PAGE TOP