勉強が嫌いな中学生へ やってはいけない最悪の勉強法

高校受験

「勉強が嫌い…」

「試験前でもやりたくない…」

「高校は、行けるならどこでもいい…」

 

そう考えてる中学生、学年に2~3割はいますよね。

でも、あんまり勉強をやらずに逃げ回ってばかりいると、親や先生がごちゃごちゃうるさいので…。

「しょ~がない、ちょっとやってみるか…」と思うこともあるでしょう。

そんな時、絶対にやってはいけない最悪の勉強法を紹介します!

 

「え? いやいや、普通は参考になる勉強法を教えるでしょ…?」

と、言われそうですが、「参考になる勉強法」は、もう世の中にあふれてます。

ネットで調べれば、いくらでも出てきますよね。

でも、そのほとんどは「勉強好きな生徒」のための勉強法。

やる気があって、本気で成績を上げようとしている生徒のための勉強法なんです。

 

それじゃダメダメ。

今回は、勉強嫌いな中学生のために。

勉強嫌いな中学生が、仕方なく、嫌々やろうとした時に、こんなやり方をしてはいけませんよ。

コレをやったら、ますます勉強嫌いになって、成績上がりませんよ!

という、やってはいけない勉強法です。

自学自習

もうちょっとわかりやすく言うと、自己採点です。

問題を解いて、解答を見て、自分で〇を付ける。

でも、ちょっと待って!!

 

勉強嫌いな生徒が自分で〇を付けると、間違った問題にも、無意識に〇を付けてます。

間違っていることに気付いてない!

自分では出来たつもりになって、どんどん先へ進んじゃう。

これを防ぐには、誰かに〇を付けてもらう以外、ありません。

自分ひとりで頑張っても、残念ながら学習効果、ゼロです。

1冊を繰り返す

いろんな問題集に手を出してはいけない!

自分に合う問題集を1冊決めてそれを何回も繰り返しましょう!

 

はいはい…。

偏差値60以上の生徒には、それでいいんです。

下手に色々やるより、1冊に集中しろ!ってね。

でも、勉強嫌いな生徒が、もし同じ問題集を繰り返したら?

コレ前やったやつじゃん

また同じのやんの?

やる気しねぇ~し

となって、モチベーション、ダダ下がり…。

 

元々「勉強なんてやりたくない!」という生徒たち。

嫌々でも、ある程度の問題を解こうと思ったら…

同じレベルの超超基本問題を3~4種類用意する

これが鉄則です。

ノートまとめ

これは保護者の方から、要望が多いんです。

ノートの取り方ノートのまとめ方を指導してください!ってやつ。

「自分でノートを作れば、成績が上がる!」というのは、何の根拠もない、幻想です。

実際は、ノートの出来と成績は全く関係ありません。

試験前になると、何時間もかけて綺麗なカラフルノートを作り始める女子がいますが、だいたい成績は下の方。

「ノートまとめ」が目的になっていて、点数を取ること」に意識が向いていません

さらに困ったことに、この病気 (←敢えて病気と言います)、いつまでも治りません。

ノートまとめに時間をかけすぎたせいで点数が低いのに、次の試験でも、また同じようにノートまとめをやり始めます。

ただ自己満足のためにノートまとめを繰り返す

そうやって大人になって、自分の娘にもノートまとめをやらせたがる。

母娘の方針なので、私は意見しませんが…。

学校の宿題を学校で

「学校の宿題は、学校で終わらせよう!」

超ベテランの塾の先生に、こういう人、多いです。

普段、優秀な生徒ばかりを相手にしてるので学校の宿題なんて学校でチャチャっと終わらせちゃえばいいじゃん!

という理屈のようですが…

 

そもそも、学校に居る時にやっちゃったら、宿題じゃないし。

チャチャっと終わるほど、簡単じゃないし。

学校の休み時間に宿題をやるなんて「勉強嫌いの生徒」には無理なんです!

全く参考になりません。

まとめ

「じゃあ、どうすればいいの?」

「結局、何もできないじゃん!」

となりそうですが…

勉強嫌いの生徒が、珍しくやる気になった時、最大の効果を得られるのは、マンツーマンの塾か家庭教師です。

年齢が近くて勉強以外の話題にも付いてきてくれる

友達や先輩のような感覚で心を開いて話ができる

相性の合う先生を、探しましょう!

PAGE TOP