個人塾のプリンターはリースか?購入か? 年間の経費で比較してみる

個別指導塾

(2020年5月の記事です)

 

個人で学習塾を経営されている方…

これから塾を開業しようと検討されている方へ。

必須アイテムのプリンター複合機。

あなたならリースにしますか?

それとも購入しますか?

 

選択する際のポイントは一点のみ。

1ヶ月の印刷枚数が5万枚以下なら購入の方がお得です!

プリンター使用歴

なぜ唐突に5万枚?

これには根拠があります!

 

塾を開業して以来、私はずっと複合機をリース契約していました。

しかし2年前、リース契約が切れるタイミングで考えたのです。

リースって高すぎじゃない?

諸々の経費を試算した結果、リース契約は終了することに。

で…家電量販店で売ってる普通のプリンターに切り換えました。

リースは大損

6年間のリース契約で、私が使用していた複合機は「東芝 e-studio4540」

どれだけの経費がかかっていたか?と言うと…

 

元々、本体価格が165万円。

それを6年間、72ヶ月に分割するので、1ヶ月あたりのリース料は23,000円

 

そこに、印刷した枚数ごとカウンター料金がかかります。

白黒は1枚 1円

カラーは1枚 9円

 

うちは25席だけの小さい塾ですので、1ヶ月の印刷枚数は4,000枚~5,000枚。

入試直前期だと一気に増えて、10,000枚近くになる時もありますが…

年間で平均すると7,000枚前後です。

印刷する9割以上が白黒ですので、カウンター料金は月平均8,000円程度。

ですから、月の印刷代は

リース料金23,000円+カウンター料金8,000円=31,000円。

年間だと約372,000円!

 

高いですねぇ。

高いのは承知の上で、なぜリース契約にしていたか?と言うと…

それなりにメリットがたくさんあるから。

まず印刷スピードが速い!

これはもう圧倒的です。

家庭用プリンターの約3倍。

ヤツだ… ヤツが来たんだ…っていうくらい速いわけです。

とことんスピードにこだわる人はリース契約で決まりです!

 

さらにインク・トナー等の消耗品の料金はリース契約に含まれています

インクの残量はネット経由で日々データが送られていて…

残りが少なくなる前に新品トナーが送られてきます。

 

そして不具合があれば担当の方がすぐ来てくれます!

本当にすぐ!

うちは東芝の営業所が近かったせいか、最速10分!

どんなに遅くても、1時間以内には来てくれていました。

これは本当に助かります。

 

でもやっぱり年間37万円は高いですよね…

プリンターを購入

で…リース契約終了後、2019年2月に購入したプリンターがこちら。

brother PRIVIO MFC-J6980CDW

ヤ〇ダ電機で税込40,500円。

購入する際のポイントはA4とA3、両方印刷できること。

そしてA3の両面印刷ができること。

 

印刷物の9割以上は白黒ですから、そんなに高性能な機器は必要ないんです。

インクカートリッジも、ネット通販で互換インクを買えば1ヶ月で2,500円。

リース契約に比べたら、何もかもが激安!

 

ただ…

壊れました!

使いすぎで!

説明書を見ると「耐久枚数は15万枚」とあります。

これはA4片面で15万枚という意味ですから、A3両面だとA4を4枚印刷したことになります。

購入して10ヶ月で壊れました

プリンターヘッドの摩耗。

幸いメーカー保証が1年ついてましたので、修理代金は無料。

 

しかし!

修理から戻って5ヶ月後また壊れました!

ヘッドクリーニングを繰り返しても印刷できず。

再び修理に出すと、今度は修理代が27,000円かかってしまいます。

だったらもう、新品を購入した方がいいじゃないか!となりまして…

年間の経費を比較

2台目を購入しました!

最初に買ったbrotherが絶版になってましたので、今度はEPSON PX-5081F。

機能はbrotherとほぼ同じ、コ〇マで税込37,000円。

使い始めたばかりでインクの減り具合はまだわかりませんが、新品のせいか印字がクッキリ綺麗です。

 

でも鋭い生徒に言われました。

先生毎年プリンター買ってますよね…

 

そう!

この感じで行くと1年に1台新しいプリンターを買うことになります!

A4片面に換算すると、月間の印刷枚数は約10,000枚。

プリンターの耐用枚数が15万枚ですから、15ヶ月でプリンターの寿命が到来します。

それで本体価格は40,000円前後。

インクも年間で30,000円程度ですから、合計70,000円。

リースの37万円に比べたら5分の1以下の金額です

 

では逆に、購入よりリースの方がお得になるのはどういう状況か?

印刷枚数が急激に増えて、月に50,000枚以上。

プリンターを年間5台以上、購入しなきゃいけない…

そんな状態になって、ようやくリースの方がお得!となります。

まとめ

世の中にはもっと安い金額でリース契約している方もいると思います。

またどうしても印刷スピードが速くないと業務に支障が…という方もいるでしょう。

超高性能な複合機に魅力を感じている方は、リース契約の方が無難です。

 

でもうちのような個人塾は…

1ヶ月の印刷枚数が10,000枚を超えることなど、ほとんどありません。

ですから、

1年に1台プリンター購入で決まりです!

 

(追記:2022年9月4日)

記事中の「EPSON PX-5081F」ですが、購入から2年以上経過して大きなトラブルは1回だけ。無料保証期間中に修理できており、実費負担はありません。これから購入される方はEPSON製をオススメします。

進学塾PHASE | 学ぶ楽しさを伝えたい! 塾が自分の居場所になる
PAGE TOP