塾ブログ 毎日更新を止めると… どんな変化が起こるのか?

個別指導塾

千葉市は先週、8月24日から小中学校が再開され…

夏休みはアッという間に終了。

 

塾の夏期講習も大幅に期間を短縮し、例年になく濃い~ぃカリキュラムに。

なかなかブログの更新ができないまま、2週間が経ってしまいました。

 

今まで…

ブログは毎日更新しなければいけない!

更新こそ命!

内容や文字数より、とにかく更新更新!

といったブログ界隈の噂に、私も少なからず影響を受けていたわけですが…

 

まぁ忙しいし、ちょっとブログの更新ペースを落としてもいいかな?

と思い、PVやアクセス数にどのような変化があるか、検証してみました。

その結果…

なかの
なかの

ほとんど変化ありません!

前回のブログが8月15日。

そこから2週間、放置したわけですが…

表示回数はほぼ横ばい。

月末には、なぜかちょっと増えたりしています。

 

元々、アクセス数の少ないサイトですから…

更新を止めても、少ないまま。

もしこれが、月間何万PVなんていうメジャーなサイトであれば、結果は大きく変わるかもしれません。

 

結局、小さな塾の小さなブログでは、約2週間何もしなくても、アクセス数に特段の変化はないんです!

直近3ヶ月の推移を見ても、波はありつつ、一定の幅に収まっています。

 

毎日、更新しなければいけない!

という思い込みで、低品質な記事を量産する必要はない!ということです。

 

よく言われているように、100記事ぐらいまでは継続して執筆した方がいいと思います。

数打ちゃ当たる…

と言うか、ある程度たくさん書かないと、どんな記事が読者にヒットするか、わかりませんから。

 

ただ100記事書いたところで、これまた大きな変化はありませんよ。

100記事の中で、くり返し読まれるのは5~6記事。

残りの9割以上は、ハッキリ言ってスルー記事です。

 

たくさん記事を書いた方が、グーグル様に評価されるのかもしれませんが…

ここはやはり基本に立ち戻って…

「読者にとって有益な記事をアップする」

心掛けることは、ひとつです。

PAGE TOP