成績が上がる塾の勉強法【PHASE Method】

個別指導塾

2019年11月30日です。

全ての中学校で、後期中間試験が終了しました。

そろそろ採点結果が出ている学校もあり、PHASE塾生は揃って学年順位を上げています。

なぜこれだけ成績が上がるのか?

理由はただひとつ。

「圧倒的な勉強量」

これに尽きます。

 

試験1週間前からは毎日4~5時間。

試験範囲を5回以上、繰り返します。

問題を見た瞬間、「ああ、コレね。」と即座に手が動くくらい。

目が慣れてしまうまで、反復です。

もちろん「毎日4~5時間もできない」という生徒もいます。

塾に通い始めて間もない生徒、他塾から移ってきたばかりの生徒にとっては、2時間が限界のようです。

個人差があるのは仕方のないことですが、勉強量の少ない生徒は、やはり点数も伸びません。

勉強は「質」と「量」のバランス…。

という意見も見られますが、「質」を追求する必要があるのは、よほど学年上位の生徒でしょう。

ほとんどの生徒にとって、まず目指すべきは「量」の確保です。

 

今、お子さんを塾に通わせているのになかなか成績が伸びない、と悩んでいらっしゃるお父様、お母様へ。

お子さんが、どれだけの「量」を勉強しているか、ご存知ですか。

成績が伸びないのは、ただ単純に「量」が足りないだけなのです。

成績上位者が何度も繰り返し解いている問題を、3~4回やっただけで満足してしまっていたり、

試験前なのに2~3時間やっただけで、もう限界までやったような気になってしまっていたり、

自分にとって何が不足していて、今何をすべきかを、自分の頭で考えていなかったり、

このようなことが重なって、成績が低迷してしまうのです。  

PHASE塾生は試験前だけでなく、普段から週4日以上、通っています。

習った範囲はすぐ復習する。

自信があればどんどん予習を進める。

非常にシンプルですが、これが成績アップの秘訣なのです。

PAGE TOP