私立高校無償化へ 「私立は学費が高いから…」は昔の話

高校受験

2020年4月から

「高等学校等就学支援金制度」

が変わります!

 

「何、ソレ?」

「名前が長い…」

「しかも全部、漢字だし…」

 

ちょっとわかりにくいんですが、

要するに、

「私立高校の授業料がタダか、

かなりお安くなりますよ!」

という意味です。

(一部のお金持ちは除く)

 

「うちは公立じゃなきゃダメよ!」

「私立は高いでしょ!」

「学費、払えないわよ!」

と思っているお母様…

ちょっと待ってください。

国や県が学費を負担してくれる制度があり、

しかも2020年からは、より多くの家庭が

支援を受けられるようになります。

 

制度の概要

ご家庭の教育費負担を減らすための、

国による授業料支援の仕組みです。

全国の約8割の高校生が利用しています。

 

ここでちょっと注意!

初めに(一部のお金持ちは除く)

と言いましたが、保護者の年収、

正確には「課税所得」が910万円以上

の世帯には適用されません。

通っている高校が

公立だろうが、私立だろうが、

「課税所得」が910万円以上

の世帯に関しては、

国からの支援、一切ございません。

 

受給資格の認定

支援を受けるには申請が必要です。

黙ってぼぉ~っと生きてるだけじゃ、

国は助けてくれんのです。

入学時に高校から案内があります。

必ず申請書類を提出してください。

その際マイナンバーの関係書類が必要です。

提出された書類をもとに、都道府県が

受給資格の認定を行います。

 

支給額

私立は高校によって学費が全て異なります。

また、支給される金額も、保護者の年収

によって変わってきます。

 

年収350万円未満

授業料が全額、無償になります。

国からの支給額は原則、

授業料についてのみですので、

「入学金」「施設設備費」等については

別途、「千葉県の奨学金制度」

利用することになります。

 

年収350万円以上 640万円未満

国が定めた基準は

「350万円以上 590万円未満

ですので、千葉県は

受給資格が幅広いと言えます。

こちらの世帯は

「授業料の2/3から

就学支援金を除いた額」

が支給されます。

 

ちょっとわかりにくいですね。

だいたいのイメージとしては…

月々の授業料が3万円だとすると、

2万円は国から支給してもらえる、

という意味です。

授業料の全額、

とまでは行きませんが、

かなり多くの支援を

受けられることになります。

 

また、支給上限額は年396,000円です。

この支給額は両親・高校生・中学生の

4人家族で、両親の一方が働いている場合

を想定していますので、実際の金額は

多少、上下することがあります。

 

年収640万円以上 910万円未満

国からの支給額は、

就学支援金の118,800円のみです。

私立高校に進学した場合、

高校の授業料と就学支援金の差額は

自己負担となります。

ただ、両親共働きで子供が大学生と高校生

となると、支給基準が大きく変わりますので

詳しくは、

でご確認ください。

 

支給方法

就学支援金は、都道府県や学校法人等が

生徒本人に代わって受け取り、

授業料に充当します。

生徒や保護者が直接、

国から受け取るものではありません。

お小遣いが増えてラッキー!

とは、絶対なりません。

まとめ

2021年度から、千葉県は

公立高校の入試が1回に変更になります。

一発勝負です。

落ちたら私立、確定です。

 

でも万が一、私立に進学…

となったとしても、

昔ほど学費を心配する必要はありません。

公立・私立問わず、

幅広く志望校を検討してください!

 

PAGE TOP