個別指導塾の教室長 超ブラックな勤務実態

個別指導塾

(2020年1月の記事です)

 

 

年明けから高校入試が終わるまで…

都道府県にもよりますが、2月末まで塾は休みなしです

 

それだけでも「うわぁ~!ブラック!」と言われそうですが…

実は受験直前期だけじゃなく、普段から個別指導塾はブラックなんです。

 

どれだけひどいか…

私の経験をお伝えしていこうと思います。

現在ブラックな職場環境にお悩みの塾長・教室長の先生方に読んでいただきたい!

 

もちろん生徒さん、保護者の方々にも知っていただきたい内容ですので、是非参考にしてください。

 

終業は早朝

だいたい午前4時です。

「何が?」ってなりますよね。

勤務終了時刻です

 

出勤時刻は午後2時。

生徒が来るのが5時頃。

で…夜11時前に生徒は帰ります。

そこから片付け・その日の振り返り・連絡事項・翌日の準備などなど…

 

速攻で終わらせても午前2時です

強烈なのは週に数回…会議があります。

それも午前1時から

スカイプで全教室をつないで「ハイ皆さん、お疲れ様でした~」と、始まるのが午前1時

 

2時半、時には3時過ぎまでPCの画面を見つめながらの会議。

この間、翌日の準備などはできませんから、会議が終わってすべての業務を終えると午前4時なんです。

正気の沙汰じゃありませんね。

 

ぶっつけ本番!

夜中に翌日の準備をするのは毎日のことなんですが…

中にはいるんですよ、何も準備しない講師が。

 

他の教室に「研修」という名目で見学に行った時のことです。

生徒は5時頃に来ますので、私は指示された午後4時に教室に到着しました。

 

ところが、教室が開いていません。

とりあえず車の中で待つことにして…

待っても待っても、誰も来ません。

時計は5時を回り、なんと最初に生徒が来ました!

その直後、教室長の車がブーン…

「いやぁ~早いですねぇ!」と、満面の笑み。

 

生徒を見ると、別に驚くような様子はありません。

聞いたところ、いつもこんな感じだそうで。

先生より先に来ることけっこうありますよ。」

と言ってました。

 

社則で決められた出勤時刻は午後2時ですから、明らかに大遅刻。

 

しかもその日の準備を全くしていません

生徒が来て勉強を始めているのに「今日、誰が来るかなぁ?」と言いながらプリントを準備する。

予習もなしにぶっつけ本番で生徒に教えているわけです

これが全国170教室を展開する塾のエリアマネージャーです。

正気の沙汰じゃありませんね。

 

離職率 高過ぎ!

実は私もその会社…

1年で辞めてしまいました。

 

最大の理由は直属の上司…

やたらボディータッチの激しい人で。

中3女子の頭はなでなでする。

小6男子に抱きつく。

高3男子にも抱きつく。

 

何かの勘違いで私にまで嫌疑がかけられたら…

最悪、セクハラで逮捕ですからね。

年度末で退職しました。

 

お世話になったのは1年だけでしたが…

私が在籍中に退職した講師が2人。

私が退職後、1年以内に退職した講師も2人。

だいたい毎年、2~3人は退職していることになります。

 

社長曰くうちで3年以上いたらベテランですよ!」

 

明け方4時まで仕事して「メシ、行きましょうよ、メシ!」となることもあります。

そうなると帰るのは完全に朝です。

もう本当に正気の沙汰じゃありません。

 

毎日毎日、早朝まで仕事をしてたら普通は身体が持ちません。

メンタルも徐々に蝕まれていきます。

 

日本全国の個別指導塾、すべてがこんな感じ…

とは言いませんが、これに近い塾はたくさんあるでしょう。

こんなブラックな塾から抜け出す方法はまた別の機会に

 

PAGE TOP