中学受験 子どもの合否をSNS上で公開する危険性

中学受験

今日は2020年2月2日

Twitter上では、中学受験の合否に関して、保護者の方が思い思いにつぶやいていらっしゃいます。

 

きっと明日…

2月3日も男子御三家で合格発表がありますので、今日以上に、喜びの声が次々とタイムラインに流れてくることでしょう。

 

そこで敢えて、保護者の方に申し上げます。

SNSでの合否公開、やらない方がいいです。

理由は3つ。

消せない

投稿した直後、間違いや不適切な表現に気付き、つぶやきを削除したとします。

 

でも、公開になったほんの僅かな時間に、誰かが画面を保存したり、スクリーンショットで撮影したり、という可能性は考えられます。

 

偽名でTwitterを利用しているからバレない…

と思うかもしれませんが、塾のママ友であったり、塾の講師や周囲の人が、

「これは◯◯くんのママだ!」

と気付くかもしれません。

 

一度、投稿してしまった内容が、投稿者の知らない所で丸ごと残っていて、後々、何かの「証拠」として扱われたら?

とても危険です。

 

お子さんが傷つく

今まで、必死に受験勉強と向き合ってきたお子さんは

「親がTwitterで何か色々やっている」

とは思っていないでしょう。

 

親がTwitterをやっていることすら知らない、あるいは、お子さんに内緒でTwitterをやっている、というご家庭も多いと思います。

 

もし、合否が出た後に、お子さんが親御さんのTwitterを目にしてしまったら?

 

内容によっては、

「お母さん、こんなこと言ってたんだ…」

と落胆するかもしれません。

「こんなヒマあったんだ、忙しそうにしてたけど…」

と、親への不信感を募らせることにもつながりかねません。

友達からスマホを見せられて、

「これ、お前の母さんじゃね?」

というパターンも考えられます。

 

子どもの立場からすると、自分の合否を外にペラペラ喋られたら、いくら親であっても、この上なく不快な気持ちになるはずです。

 

親御さん自身が傷つく

第一志望に合格できなかった場合…

親御さんとしては、

「誰かに共感してもらいたい」

「励ましてもらいたい」

「理由はないけど、とにかく何かを吐き出したい」

という思いに駆られるかもしれません。

 

でもそんな時こそ、悲しみや辛さは表に出さず、グッと内に留めるべきです。

 

一番辛い思いをしているのは、第一志望に落ちたお子さんです。

そのお子さんを差し置いて、親御さんがTwitter上で構ってちゃんアピール。

 

「残念な結果でした。」

「うちの子、可哀想。」

「そして私も、可哀想。」

「大丈夫よ、うちも同じだから。」

 

そんな傷の舐め合いをしたところで、虚しさ残るだけです。

 

後々、お子さんが進学先で頑張っている姿を見せるようになったら、きっと後悔します。

自己嫌悪に陥るかもしれません。

親御さん、ご自身のためにも、気持ちが落ち着くまで、いったんSNSから距離を置いてみてはいかがでしょう。

 

Twitter上で「人とのつながりを持ちたい」という気持ちはわかります。

でも、中学受験を戦い抜いた親だからこそ、軽率な行動は慎しむべきだと思います。

 

PAGE TOP