2020年 移行措置について 中学数学

高校受験

2020年度は、学習指導要領改訂に伴う

移行措置があります。

 

中学1年・中学2年に

大きな変更がありますので、

詳しく見ていきましょう。

中学1年

正負の数

【追加】素因数分解

中3の因数分解の導入で扱われていた

「素因数分解」が中1に移行します。

2019年から移行済みですので、

現中1(新中2)は既に学習済みです。

 

これまで、小学5年で学習していた

素数」が、2020年度から削除され、

2021年度からは中1で学習すること

になるためです。

 

この移行措置に伴い、

素因数分解と素数を絡めて

学習が可能となります。

2021年度の新学習指導要領からは、

自然数の集合を学習する場面で

扱われます。

資料の活用

【追加】累積度数

高校で学習していた「累積度数」

中1に移行します。

「累積度数」とは…

最小の階級から各階級までの

度数の総和を表したものです。

 

【追加】統計的確率

中2の確率の導入で扱われていた

「統計的確率」が中1に移行します。

よくある例は…

画びょうを何回か投げて、

針が上下どちらに向くかを数える場面で、

相対度数を確率としてみなす内容です。

 

【削除】誤差や近似値

中1から中3へ移行します。

今までは、中1で学習した後、

高校に入るまで学習する機会が

ほとんどなかった内容であったため、

高校進学直前の中3で学習し、

高校化学でのつまずきをなくすこと

が目的です。

 

中学2年

【追加】四分位範囲と箱ひげ図

高校の数Ⅰで学習していた

「四分位範囲と箱ひげ図」

中2に移行します。

新学習指導要領の大きなテーマとして、

統計的素養を身に付けるということが

あり、確率に加え、中2でも統計的な

テーマを学習することになります。

高校の教科書に載っている内容が

中2に下りてくるので、

「とっても難しいのでは?」

と不安に思うかもしれませんが、

いえいえ、内容は簡単です。

 

初学者向けに解説しますと…

① まずデータを、値の大きさの順に並べて「中央値」を求めます。
② ①で求めた中央値を境として、データ全体を上半分と下半分に分けます。上半分を「上組」下半分を「下組」と呼びます。

ちなみに、データ全体の個数が

奇数のとき、中央値は上組にも下組

にも含めません。

③ 下組の中央値、上組の中央値を求めます。
④ ここで、小さい順に下組の中央値を「第1四分位=Q1」中央値を「第2四分位=Q2」上組の中央値を「第3四分位=Q3」と呼びます。
⑤ そして第3四分位Q3から第1四分位Q1を引いた差Q3-Q1「四分位範囲」といい、四分位範囲の半分を「四分位偏差」といいます。

 

この四分位範囲を用いることで、

「データの中に極端に離れた値がある場合

でも、その影響を受けにくい」

という利点があります。

 

そして、最小値・Q1・Q2・Q3・

最大値を図で表したのが「箱ひげ図」です。

この単元は覚える内容も少ないですし、

落ち着いてデータを拾い上げれば

確実に得点できる内容です。

 

新しい教科書とともに配付される

「補助教材」をしっかり確認しましょう。

 

PAGE TOP