2020年 移行措置について 中学理科

高校受験

2020年度は、学習指導要領改訂に伴う

移行措置があります。

 

中学1年・中学2年に

大きな変更がありますので、

詳しく見ていきましょう。

 

中学1年

生物

【追加】動物のなかま

中2で学習していた「動物のなかま」

中1に移行します。

「セキツイ動物」「無セキツイ動物」

の区別、またそれぞれのなかまについて、

中1で学習することになります。

 

同じ単元にある「内臓のつくりとはたらき」

はこれまでと変わらず中2の範囲です。

 

【削除】植物の体のつくりとはたらき

中1では外部から見える形態のみの

学習となり、内部のつくりとはたらきは

中2に移行します。

そのため、「維管束」は中1で

学習しなくなります。

「双子葉類と単子葉類の分類」

「シダ植物とコケ植物の特徴」

においても、「維管束」は扱わない

ことになります。

また、「光合成や蒸散」も、

中1の範囲から外れます。

 

物理

【追加】力のつりあい

(2019年から継続)

中3で学習していた「力のつりあい」

中1に移行します。

 

2つの力がつり合っているとき…

  • 2つの力の大きさは等しい
  • 2つの力は一直線上にある
  • 2つの力の向きは反対

基本の知識はこれだけです。

 

力の矢印を学習する流れで、

摩擦力や垂直抗力と絡めて

「力のつりあい」を学習します。

 

【削除】圧力

中1の学習内容から「圧力」は削除され

2021年度からは中2で「圧力・気圧」

中3で「水圧・浮力」を学習することに

なります。

中2へ移行する「圧力・気圧」は

物理分野ではなく、地学分野である

気象の単元で扱い、気象観測と絡めて

学習します。

 

地学

【追加】自然の恵みと自然災害

(2019年から継続)

中3で学習していた自然災害のうち、

中1の火山・地震と関連する災害について

は中1で扱います。

また、新たに温泉や地熱発電などの

「自然の恵み」についても学習します。

 

中学2年

生物

【削除】生物の変遷と進化

中2で学習していた「生物の変遷と進化」

は、2021年度からは中3の

「遺伝の規則性」を学習した後に、

遺伝と絡めて学習します。

 

試験に頻出なのは「相同器官」ですね。

同じものから変化したと考えられる体の

部分のことで、「ヒトの腕」、

「両生類やハチュウ類の前あし」、

「鳥の翼」、元は全て同じ部分です。

 

 

物理

【追加】放射線の性質と利用

中3で学習していた放射線が、

中2の陰極線(電子線)と絡めて

学習することになります。

教科書では、中3の最後の単元なので、

学校の授業ではプリント配って終わり!

となってた範囲です。

「α線・β線・γ線の性質」

「放射線の単位」について、

しっかり覚える必要があるでしょう。

 

地学

【追加】自然の恵みと気象災害

中3で学習していた自然災害のうち、

気象災害については中2で扱うことに

なります。

「台風・大雨・竜巻」など、

近年の事例と併せて、学ぶ必要があります。

 

今回の改訂・理科では、

「中3から下の学年への移行」が多いので、

新年度、新しいワークが配られたら

入念に内容をチェックしましょう!

PAGE TOP