小学生の学力を一発で見抜く! 筆箱の中を見れば、学力がわかります!

中学受験

「消しゴム忘れました」

「定規貸してください」

「シャーペン壊れました」

 

小学生の口からよく出てくる言葉ですが…

筆記用具が揃っていない子、多いですね。

(もちろん、中学生にもいますけど。)

筆箱は心の鏡

持ち物に対するこだわりがないと言うか…

まあ、なければないで、何にも気にしてないのか。

「塾で貸してもらえばいいや」

といった安易な考えなんだと思います。

 

筆箱すら持たず、鞄からいきなり鉛筆と消しゴムを取り出す子もいたりして。

心構えが全くできてないんですね。

 

ハッキリ言いましょう。

このような子は100%成績下位です

それも、学年相応の理解ができておらず、かなり深刻な状況…

にもかかわらず、本人に危機感はありません。

 

塾としては、必要な筆記用具は指示してあります。

学校用とは別に、塾専用の筆箱を用意するように、お願いもしてあります。

 

それでもやはり、忘れる子は忘れますし、指示通りにできない子もいます。

出来るようになるまで、塾は繰り返し何度も何度も、同じことを指示し続けます。

親の無関心

「うちの子は大丈夫!」

と思ってるお父さん、お母さん…

最近お子さんの筆箱の中見ましたか?

 

小学生だと鉛筆が短くなっていたり、消しゴムが極端に小さくなっていたりしても、筆箱の中に入れると忘れてしまう…

ということがよくあります。

翌日になって、「あ、新しい鉛筆…」と気づくわけです。

 

筆記用具ぐらい、準備できてるだろう…

ではなく、週に何回かはお子さんの筆箱をチェックしていただきたいのです。

 

我々、塾講師は、生徒の筆箱の中を見ることで、どれくらいのやる気を持って塾に来ているかを見ています。

また、ご家庭で親御さんがどの程度、勉強に関わっているか、お子さんのことをどれくらい気にしているかも、筆箱の中を見ればだいたい想像できます。

 

鉛筆、消しゴム、赤ペン、定規。

この4点が揃っていれば、まず困ることはないと思います。

図形問題に取り組むなら、蛍光ペンは2~3色あれば十分でしょう。

三角定規とコンパス、分度器まで入っていれば完璧です。

 

蛍光ペンや色ペンをやたら何色も…

「文房具店ですか?」というほど大量に持ち歩いている子もいますが、多すぎるのも問題です。

 

ノートやプリントをカラフルに色塗りしてきらびやかにしたことで、覚えたつもり、理解したつもりになっている。

自分が作った、自分だけの綺麗なノートに酔ってしまっている…

女子に多いですね。

 

筆箱の中は、必要な物を必要なだけ。

多すぎても、少なすぎても勉強には悪影響です。

足りない物があれば補充してあげる

という温かい気持ちで、お子さんの筆箱の中を見てあげてください。

 

PAGE TOP