個人購入できない塾用教材で 成績を上げるポイント

個別指導塾

「塾で使ってる教材とか問題集って、本屋さんで買えないんですか?」

「はい、買えません!」

塾用教材とは?

塾で使われている教材は、大きく分けて2種類あります。

  • 塾が作っている完全オリジナルの教材
  • 教材会社が作っている教材

株式上場していて、テレビCMもバンバン流してるような大手の塾だと、使っている教材はほぼ、その塾のオリジナルです。

本社・本部には、教材を作成する専門の部署やチームがありまして…

そこの社員は現場の教室に行ったり、授業をしたりすることはなく、ただひたすら教材を作るのみ。

塾の指導方針に沿った教材を作っているので、どの塾の教材を見ても、とても高品質。

塾オリジナルの教材で「内容がイマイチ」とか「使いにくな…」と思うようなものは、今まで一度もお目にかかったことはありません。

一方、個別指導塾や個人経営の塾で多く使われているのが、教材会社の教材です。

  • エデュケーショナルネットワーク
  • 学書
  • 好学出版
  • 文理
  • 学友社

などなど…30社以上の教材会社があります。

違う塾に通っているのに、使っている教材は同じ…ということも。

良い教材は、多くの塾の先生に選ばれますから、あちこちの塾で使われることになります。

塾用教材を手に入れるには?

塾用の教材は基本的に、塾に入らなければ入手することはできません。

街中の本屋さんで販売されることはありませんし、また転売も禁止されています。

ところが最近、メルカリやPayPayフリマで、塾用教材が出品されているようです。

個人でも購入できてしまうわけですが、犯罪スレスレなので要注意。

塾用教材は、塾と教材会社との契約の上に流通していますので、塾関係者が勝手に部外者へ販売したら…

今のところ法的な罰則はありませんが、著作権侵害なので訴えられたらアウトでしょう。

塾用教材の優れているところ

一般には流通しない塾用教材。

市販の教材と比べて、何が違うんでしょう?

問題量が多い

成績を上げる一番の秘訣は、「たくさん問題を解くこと」です。

学校のワークだけでは不足しがちな練習量を、塾用教材で補うことができます。

同じレベル・同じ難易度の問題がたくさん収録されている点が、最大のメリットです。

学校ワークに似た構成

教科書準拠の教材では、ほぼ学校ワークと同じ内容になってます。

習ったところがすぐわかるように、単元名・項目名も同じ。

市販の教材だと「どこを解けばいいの?」となりがちですが、学校ワークと並べて同時進行で勉強を進められます。

解説が詳しい

家庭学習用として一人でも問題を解けるように、解説部分が分厚く作られてます。

すぐには解き方が思い浮かばないような問題でも、最初から解説をじっくり読めば、たいてい正解に辿り着きます。

学校ワークの解説では少し足りない… ちょっとわかりにくい、という人は塾用教材の解説を丁寧に読んでみましょう。

また、私立難関校向けの問題も入っていますので、早い段階から入試を意識した演習に取り組みたい人には最適です。

市販教材の欠点

毎日、塾用教材を使っていて、やっぱり塾用教材は素晴らしい!という話ばかりですが…

塾で、市販の教材を使うことはほとんどありません。

辞書や単語帳は生徒にもお勧めしますが、問題集はまず使いません。

なぜか?

「誤植が多いんです!」

意外に思われる方も多いと思います。

一冊、1000円以上するような参考書・問題集であっても、けっこう誤字脱字や解答の間違いがあります。

私の経験から、絶対に買わないのは〇〇研究社。

実名を出すとさすがにマズそうなので、ごめんなさい皆さん、想像してください。

「ちょっと答えが違うんじゃないの?」と思って出版元に問い合わせたら、訂正箇所がA4の紙に2枚、FAXで送られてきました。

一冊の問題集の中に、訂正が15箇所。

「こんなの、売っちゃダメでしょ…」と思いながら、一生買わないことに決めてます。

まとめ

塾に通ってるのに、教材を使い切らない生徒がチラホラいます。

本当にもったいないことです。

せっかく塾用教材を使って勉強できるんですから、擦り切れるまで繰り返し解いて、得意教科を増やしてください!

PAGE TOP